『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy

土地の因縁!ケガレチを清めてイヤシロチへ | 大上院勝とマドレーヌ道子の『カルマ解消』& Misogi Academy

『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy
~真理と正しい人間関係を学び霊的成長の道を目指す~

土地の因縁!ケガレチを清めてイヤシロチへ

2022年06月17日

大上院事務局スタッフのやすこです。

 

今回は、私が所有していた土地を
3年間に渡り清め続けて起きた驚きの変化をお届けします。

 

私が初めて三六九の儀を執り行っていただいた時、
実は大きな不動産投資詐欺を経験していました。

 

老後の資産形成や、
働かなくても収入が得られたらいいなという期待、
不動産を持っていたらかっこいい!という思いなどもあり、
勉強不足のまま不動産投資を始めてしまいました。

 

しかし、ある物件を購入したところ、
なんとその投資の仕組みは、実は銀行もグルになった詐欺でした。
(先日も大きな詐欺事件としてテレビでも放映されました)

私は、どこか一抹の不安はあったものの、その不安を無視して購入したわけですが、
結果として詐欺であったことを知り、ついに投資が回らなくなった時には、
一時、死を考えたほどでした。
詐欺の総額は1億を超える負債であったからです。

 

詐欺にあったとは親にも相談できず、
もう恥ずかしくて生きていけないと途方に暮れていた私は、
やっとの思いで救いを求めて
大上院先生、道子先生に相談しました。
そして、三六九の儀でその土地と建物、関係者全てを清めていただいてから、
所有していた不動産の土地の塩盛りとお祈りを始めました。

 

初めて行った塩盛りが、衝撃的でした。

みなさん、これは何に見えますか?

そう、カボチャです。

 

この不動産の名称が、カボチャに関係がある物件でしたので、
「こんなことってある?」と、びっくり仰天してしまいました。

 

これが私が人生で初めて行った塩盛り。
塩盛りをして一晩経って、まさかこんな変化が起きるとは、
想像だにしていなかったからです。

 

これは神様からのメッセージ。
この変化を通して、「十分に清める必要があるよ」と教えてくださったのです。

 

不動産会社、銀行、建設会社、物件を買った人たち(約1,000名)、
物件、土地、そして関係する御霊たち…

さまざまな想念が渦巻き、
関係する土地からの訴えもあったのです。

 

当時、私はまだその不動産を所有していました。
購入時には愛着を感じたこの物件も、
詐欺であると知った時から、
私にとっては一気に邪魔なものに思えました。
今すぐにでも手放したい、楽になりたい。
勝手な話ですが、私にはそんな気持ちが湧き上がっていました。

 

だからと言ってそう簡単に手放せる(売れる)ものでもなく、
事業をした経験がない私が、すぐに何かを始めるには資金もノウハウもなく、
運用しようにも、良い運用先が見つからず、八方塞がりでした。

 

そんな時、

「儀を行って神様が清めてくださり、
守って下さってはいるけれど、
土地とご縁があったということは、
その土地を清める役割があるということ」

と先生方が教えてくださいました。

 

私が?
そんなことができるの?

そう思いましたが、とりあえずやるしかない。
私はそれを聞いて、お祈りと塩盛りを始めたのでした。

 

はじめは、正直なところ、自分のためにしていました。

単純に、この事件が早く解決しますように、
この不動産を早く手放せますように、
私自身が楽になって平穏な日々がやってきますように、
ただその一心でした。

お祈り、というよりは、お願い、でした。
【救ってくれ~!助けてくれ~!】
そんな気持ちでした。

 

ある時、先生方が仰いました。

「土地も建物も、購入したからと言って、
私のものではないということ。
神様からお借りしているものである。」

ということでした。

目から鱗でした。

まるで自分が所有しているかのような気がしていましたが、違ったのです。

 

確かにそうです。
この世で魂を成長させるために命をいただいた私たち。
この肉体も、お金も、洋服も、土地も、家も、
神様が貸してくださっているだけなのです。
霊界に還る時には持ち帰れません。

感謝の気持ちをすっかり忘れてしまっていました。

 

そしてたまたま今、私にご縁をいただいた
土地にも建物には悪気はないわけです。
誰かがここで生活し、人生を送る場所。
詐欺とはいえ、大切に建てられた建物。

私にご縁をいただいた土地と建物が、
最善の形で活躍できるように祈り、清めることが必要なのだと、
ようやく気づきました。

 

そしてこれが、三六九の儀の後、私の成長のために神様が残して下さった
私へのレッスンであったのです。

 

私は感謝の気持ちで、
徹底的に清めることにしました。

毎日のお祈り、月1回の塩盛りはもちろんのこと、
その物件のある場所に直接出向き、
波動の塩水を撒き、
その土地の氏神様にお参りしました。

ご縁をいただいたこの土地と建物が、
入居者さんに気持ちよく住んでもらうこと、
この土地が聖地になって発展すること、
愛を持ってこの土地と建物を生かしてくださる方に
ご縁をいただけますように、
ということを日々お祈りしました。

 

その物件から氏神様まで向かう約20分の道のりでは、
カタカムナウタヒを奏上しながら、ゴミ拾いをして歩きました。
この地域は、割と事件が多い地域でもありましたので、
少しでも良くなりますように、という気持ちでした。

約2ヶ月に1回ずつ、定期的に通い、結果として3年間続けました。
私がご縁あったこの地域が少しでも良くなりますように、
という思いでした。

 

通い始めてある時、気づいたことがあります。

氏神様のすぐ近くに古墳があったのです。
その地域の名前には、「塚」という文字が入っているのですが、
その古墳を見たときにハッとしました。
「古墳」と「塚」が結びついたからです。

 

「塚」=土を小高く盛ったお墓、という意味。
そう、その地域にはお墓がたくさんあったのです。
ということは、そこにたくさんの方が眠っているのであり、
苦しんでいる御霊さんたちがたくさんいらっしゃるはず。
つまり、現在、多くの事件が起きていることと結びつきました。

 

頭を殴られたような衝撃でした。
先祖の因縁が、この地域の事件の多さに繋がっていたという事実に気づいたからです。
あの世とこの世は、こんな風に関係があるのだ、ということも改めて実感しました。

 

そして、3年で、この地域は一気に変わりました。

通い始めて1年以上経った頃でしょうか、
最寄りの駅から一歩外に出たら、
「なんだか明るくなったな~」と感じたのです。
歩いていて、街が、空気が明るくなっているのです。
なんと駅周辺が開発され、とても綺麗になりました。
また、住宅地が新たに開発され、活気が出て、
街全体が大きく変わってきたのです。

 

この話を先生方にしたところ、
「清まってきたからだよ」
ということを教えてくださいました。


この投資詐欺をきっかけに、その物件のみならず、
地域全体を清めてきたことの結果だったのです。

土地を清めるとこんな風に土地が発展していくのかと驚きました。
一朝一夕では難しくても、3年あれば、このような変化が起きるのですね。

 

そして、最終的には、この地を清めるきっかけとなった物件と土地は、
最善のタイミングで、最善の方の元へ旅立っていきました。

 

それまでの間には、
まさに人智を超える、奇跡的でしかないことが山ほど起こっています。
これもまた、神様のお導きでしかありません。

 

・力になって下さる人との出会い
・諸々の手続きの進捗が順調に進んだこと
・経済的に多大なる恩恵をいただいたこと   …などなど

 

今回は、土地、地域の変化にフォーカスを当てましたが、
ゆくゆくこちらの変化も書いていきます。
今すぐ聞きたい方は、毎月開催中の《心の扉を開く》お話会にご参加ください!

 

物件が旅立ってからしばらくの間、この土地のことは頭から離れていました。

ある時、旦那さんの親友の奥さん(Aさん)がこの地域出身であると知りました。
Aさんは、結婚した今から3年前まで、この地域から出る気がなかったそうです。
旅行は行くけれど、引っ越したいという気持ちは一切なかったと。
あちこち転々としている私は信じられませんでした。

 

これを先生方にお話ししたところ、
「出られなかったのだ」と教えていただきました。
お墓(塚)に縛られていたのだよ、と。
それが、神様のお導きにより、土地を清めたことにより、解放されたということでした。
確かにAさんがこの地を出たのは、清め始めた時期と重なります。
土地というのは、見えないところで、
このように人の人生に大きく影響するのだと実感しました。

 

さらに今度は、この地域に貸し畑ができていたのです。
私は、野菜作りをしたくて、畑を探していました。
すると、ちょうどこの地域に畑がオープンしたことを知りました。
駅周辺が開発され、新しい住宅地ができた上に、
ついに畑までできてしまったのかと、とても驚き、嬉しくなりました。

結果として、この畑は我が家から交通が不便だったので借りませんでしたが、
この畑をきっかけにして、より近くて通いやすい畑を見つけました。
ご縁を繋いでくれたのですね!

事件が起きることで有名だった土地は、今や、植物の命を育む場所へと、
そしてご縁を繋ぐ力になってくれる地へと変化したのです。
ケガレチがイヤシロチになるとは、こういうことですね!

神様に導かれるままに、土地を清めてきたことは、
私にとって、大きなレッスンでした。

祈ることの大切さ
清めることの大切さ
そして継続することの大切さ

を学ばせていただきました。

この一件で、私自身の意識が根こそぎ変わりました。

ご縁のある場所は、清める場所
ケガレチをイヤシロチへ

私たちは、この地球で生かしてもらい、たくさんの恵みをいただいています。

これからも、感謝の気持ちで、ご縁のある場所をお祈りし、清めて参ります。

 

<< 三六九の儀から起こった家族の変化

大上院勝LINE公式アカウントはこちら

公式Line登録はこちら