『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy

自分自身のお清めをしたい。子供たちの通う小学校を清め、不安な・・・ | 大上院勝とマドレーヌ道子の『カルマ解消』& Misogi Academy

『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy
~真理と正しい人間関係を学び霊的成長の道を目指す~

体験談

自分自身のお清めをしたい。子供たちの通う小学校を清め、不安なく送り出したい

お住まい静岡県
性 別女性
年 齢36歳

ご相談内容

自分自身が魂として生きるための覚悟をもてるように三六九の儀を受けさせてください。 小学校については、娘を送り出すにあたり、母親の私がすっきりと不安なく送り出してやりたいということ、また、学校全体が明るく軽やかになればという思いです。自宅で親子向けのイベントを開催するため、小学校の校区内で子供を集めることに、学校や地域への正しい理解が拡がればという思いもあります。

大上院からのメッセージ

自分自身の過去生を知るということは、今回の人生の使命を果たすためにとても重要です。その使命とは一つではありません。まずは、自分よりも大きな家が持ち越してきた因縁(カルマ)を解くこと。そしてご自身の前生での思い、言葉、行為によって作り出した因縁(カルマ)を今回の人生において解くこと。相談者は、母方、父方、夫の母方、父方と家のカルマを一つ一つ三六九の儀によって解き清めてきました。子どもにそれぞれ影響があったことに気づき、因縁ということを信じられなくても、子どもたちのために解き清めてきました。そうして解き清めた結果、自分自身という存在に向き合うことができたのです。ご自身の過去生で作り出した因縁(カルマ)を神言によって知り、受け入れました。そして三六九の儀によって清めました。
すると本来ご自身が神聖なる魂が真の姿だと気づき、過去生のカルマを清めて真の姿を現したい、と願えるようになったのです。こうして魂として子どもたちとまっすぐに向き合う時を迎えることができました。自身の感情や信念からの解放が始まり、新たな使命に気づいて道を歩けるようになります。
今は、学校へいけない子ども達と親のために、自宅を解放してサポートをしています。

そして、学校等の大きな土地は、過去に戦いや処刑場や墓場であったりと、なんらかしらの因縁の場所が多いのです。大きな土地が放置されているのは理由があるからです。つまり学校には地縛する霊達がいっぱい存在しているということになります。学校へ行けない子供達は、とても敏感で霊を感じたり見たりすることができます。また、特に敏感な子供達は、霊のみではなく、大勢の人、子ども達の感情や家の環境も感じてしまうのです。
このために土地の歴史を清め、地縛する御霊を救済するることはとても重要です。
三六九の儀によって、地縛する御霊達を救済すると、先生、子どもたち、関係する家族が、災いや事故から守られて、安心して通うことができるようになります。

大上院勝LINE公式アカウントはこちら

公式Line登録はこちら