『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy

七月一日の祈り「案ずる時こそ己を磨けよ」 | 大上院勝とマドレーヌ道子の『カルマ解消』& Misogi Academy

『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy
~真理と正しい人間関係を学び霊的成長の道を目指す~

大上院勝のブログ

七月一日の祈り「案ずる時こそ己を磨けよ」

こんにちは。
大上院勝で御座います。

「案ずる時こそ己を磨けよ」

これはどういうことでしょうか?

コロナ禍の中で、マスクや手洗いの生活が当たり前となり、ワクチン接種による期待と不安が交差して、この先どうなるのかと案じているでしょう。このような状況下で、私たちは次の準備をする時だということをお伝えします。

それは、心を磨いて磨いて磨くときです。

心が汚れ穢れで曇っていれば、光は通りません。汚れや穢れとは、安心安全を求める心、己が得しようという心、人と比べる心、恨む心、妬む心をいいます。

曇っている窓ガラスは光を遮って光を通しません。それと同じように、心も曇っていれば、光を通すことができないのです。

光はカミのイ(意)であり、イノチのモトなのです。

光が通る心になるには、心の曇りを磨かなくてはなりません。
どんなに綺麗な水でも、錆びた水道管を通れば、赤く濁った水が出てきます。
心が曇っていれば、この世に汚れと穢れが出てくるのです。

さぁ、心を磨いて磨いて磨きましょう。

そうすれば、光はいつでも降り注ぎ、心を通して光り輝き出すのです。

新しい世をつくるのは、私たち一人ひとりからなのです。
パズルのように、一人が欠けても全体は完成しません。

あなたの幸せ、家族の幸せ、あなたの明るい未来は、みんなでつくりあげるものなのです。

この世は、心のウツシミです。
磨かれたあなたの心を通して、カミの意がこの世に実現するのです。

ゆえに、心を磨いて磨いて磨きましょう。

大上院勝LINE公式アカウントはこちら

公式Line登録はこちら