『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy

明るい未来の開き方は塩盛りにアリ! | 大上院勝とマドレーヌ道子の『カルマ解消』& Misogi Academy

『御神言』と『三六九の儀』大上院勝とマドレーヌ道子の ~カルマ解消~ & Misogi Academy
~真理と正しい人間関係を学び霊的成長の道を目指す~

明るい未来の開き方は塩盛りにアリ!

2020年09月15日

全ての人が明るい未来を望んでいます。
そのために手軽に今すぐ出来る事、
それはズバリ塩盛りです。 

*塩盛りをやった方がいいのは分かるけれど、
難しそうでやる気にならない。

*やり方が分からなくなってしまったので、
最近やっていない。

*そもそも、なぜ塩盛りをすると良いの?
何が変わるの?

*こんな時はどうやって塩盛りしたら良いの?

そんな皆さんのご質問やご希望にそえる
【塩盛りガイド】がようやく完成しました。

こちらから、
〈大上院勝先生からのメッセージ〉をご覧ください。

改めて簡単に内容をご説明すると

・塩盛りするために必要な物
・祈願文の書き方、これにはいくつかの例を載せております。
(直系先祖・個人・土地・人間関係・お金などなど)
・書き方だけでなく最も大切な心構えや作法。

などについて詳細かつ分かりやすく
記載しており、

更に最後には皆さんからいただいた
ご質問をQ&A形式で記載しているので
塩盛りをこれから始める方にも
すでに行っている方にも
ぴったりの1冊です。

Q&Aに載っていない質問があれば
office119@daijyouin.com までご連絡ください。
お一人ずつ丁寧に回答させていただきます。

三六九の儀を受けた方には
9月30日まで無料で贈呈、

波動の塩を5個以上購入の方にも1冊差し上げております。
また単品でも購入可能です。

お塩や単品でのご購入はコチラ

↓お塩盛りに関する体験談も読んでくださいね!

珠生の《カルマ体験談・8/23号》
珠生の《カルマ体験談・10/4号》
【体験談】塩盛りを通して、祈りの意識が広がる

<鎮魂の祈り>ワールドトレードセンターにて

2020年09月12日

2019年秋、
私は、神様からの命で、
アメリカの深いカルマを清めるために、
あの悲惨なテロ事件のあったニューヨークのワールドトレードセンター跡地へ
鎮魂のため祈りに行って参りました。

アメリカは、まだ若い魂であるが故に、エゴでの振る舞いが目に付きます。

この事件もアメリカが蒔いたタネが咲いた結果であるのです。
自国の利益のために、
戦争を仕掛けて他国に攻め入ることは許されることではありません。
国として行ったことは、必ずその国に返ってきます。
多くの人々が犠牲になり、この事件から世界が一変しました。

すべては、大統領選挙の不正行為から始まったことなのです。
不正がなければ、このような事件は起こらなかったでしょう。

ワールドトレードセンターで亡くなった多くの日本人の御霊たちを、
日本へ連れて帰ることは容易ではありませんでしたが、
故郷の日本へ返ってこられた御霊たちはとても喜んでいました。

これからは、一人ひとりが平和の主とならんことを願います。

「一人一人ができることがある」

祈る
あいさつする
いのちの尊厳と価値を知る
全てのいのちにである
己を大切にする者は
人を大切にする
己を傷つける者は
人を傷つける
勝手な者は
己に振り回され
人をも振り回す
自然の一部として生きるなら
自然に生かされる
自然を破壊して生きるなら
自然に破壊される
自らが最善の今を生きれば
相手も変わる
やがて世界が変わる
カミの世を目指せ

大上院勝

出羽三山黄泉がえりリトリート

2019年08月11日

Michikoです。

言葉では伝えられな体験を伝えるためにつくった
写真ムービーをご覧ください。

出羽三山<黄泉がえり>禊リトリート動画

出羽三山は厚い信仰が残る聖なる山
そして「黄泉がえり」の特別な山

羽黒山で現生の禊ぎをし、
月山で霊界(死後の世界)を歩き、
湯殿山で新しい命をいただくのです。

(羽黒山は2460段の階段を一歩一歩登り、その汗が現生を禊ぐ。

月山は八合目から1996mの頂上まで霊界を登り、月山頂上で神さまに会い、

厳しい急な山道を湯殿山の御神殿まで降り、新しい命をいただく。)

今年は特別な一年。新しき世を宣言せよ、とお言葉をいただきました。

25年のおつきあいのある先達、山伏でもある佐藤俊一さんに先達をお願いすると、ちょうど予定していた日がOKとなって、順調に予定が決まりました。

月山(神さま、ご先祖さま)に呼ばれている!からこそです。

月山は、厳しいお山。カミの山であり、黄泉の世界を現す山。
お天気はすぐに変動し、雨、強風、霧等々、油断がならないのです。

私がこれまで巡礼した登山も、
嵐の日あり、
雨や霧で視界ゼロの日あり、
晴れて景色は素晴らしいけれど炎天下となって身体は悲鳴をあげる日あり、などそれぞれ苦労があります。

難関は、湯殿山への下りで、とても厳しい急こう配となります。

厳しい登山が初めての人を安全に先導し、
神の山霊界の山である月山の素晴らしさを知ってもらうためにも、
信頼する佐藤俊一さんに先達をお願いしました。

佐藤俊一さんは山伏であり、月山の麓で命を育てる農家でもあり、
月山を知りつくしている人です。(NHK 新日本風土記「 出羽三山 」に出演しています)

そのおかげで、山小屋にも宿泊できることになり、全てが整えられていたリトリートでした。

皆さまはカミに会えたでしょうか?
なにを感じるでしょうか?

愛と感謝を込めて
esoteric mentor
MICHIKO

大上院勝LINE公式アカウントはこちら

公式Line登録はこちら